応用情報技術者試験 合格

応用情報技術者試験に10回以上落ちても合格できた体験談

応用情報技術者試験を受けないでリフレッシュ?時には休息も必要!

読了までの目安時間:約 4分

 


休む

 

今回は応用情報技術者試験を受けないでリフレッシュ?についてです。

 

 

はじめに

 

応用情報技術者試験を受けたあなた、お疲れさまでした。

 

以前に情報処理技術者試験を久しぶりに受けないことにした!免除期間が…の記事でもお伝えしたように、応用情報技術者試験ではないですが、私は高度試験を受けませんでした。

 

今まで10年以上、何かしらの情報処理技術者試験を受けてきた私にとって、受け始めてから、初めて受けなかったことになります。

 

そんな試験を受けなかった感想をお伝えします。

 

 

 

応用情報技術者試験を受けないでリフレッシュ?

 

私は、応用情報技術者試験は受かる自信がなくても必ず受けてましたが、いつもだとシステムアーキテクト試験を受ける予定が今回は受けませんでした

 

試験を受けなかった結果、正直リフレッシュできました。もし、私が応用情報技術者試験の合格を目指していた時期に、受けなかったとしても同じ気持ちだったと思います。

 

応用情報技術者試験も含めた情報処理技術者試験は、基本的に日曜日実施されるため、サラリーマンの方ならわかると思いますが、翌日仕事なので、正直疲れます。しかも、情報処理技術者試験は朝早い上に夕方くらいまで行うので、なおさらです。

 

さらにこんなに疲れて、午前試験の自己採点をして落ちでもしたら、本当にショックです。良ければ、応用情報技術者試験に落ちて絶望状態だった私が気にしなくなった方法の記事もご覧ください。

 

試験を受けなかったことにより、いつも通りの休日の日曜日となり、疲れをとることができました。ただ、今頃みんな試験を受けてるな~と、少し気になりました。

 

 

 

応用情報技術者試験を受けずに時には休息も必要

 

試験は、受けなければ絶対に合格することはありません。なので、試験は、受けた方が良いと思う気持ちは変わりませんが、時には試験を受けずに休息も必要とも思いました。

 

会社からの指示などであれば仕方ないですが、受けないとと精神的に追い詰められるくらいであれば、一度受けないのも良いと思います。

 

応用情報技術者試験を受けるにしても無料ではなく、少なくないお金はかかりますし、勉強する時間も必要になってきます。仕事が忙しかったり、プライベートでいろいろあるなどで時間がない場合、受けないことを選択しても良いかと思います。

 

ただ、一度受けないと、次回も受けなくなる可能性があるため、自己管理はした方が良いです。状況に応じて受けるか受けないか決められるのが良いかと思います。

 

 

 

おわりに

 

今回は応用情報技術者試験を受けないでリフレッシュ?についてお伝えしました。

 

試験を受けないと本当に楽なのでリフレッシュできますが、リフレッシュしたら次回の試験は頑張りましょう!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 


スポンサーリンク



 

タグ : 

マインド    コメント:0

応用情報技術者試験に合格できないあなたへ

応用情報技術者試験に合格できないあなたは、こちらを参考にしてみてください。

 

通信講座

応用情報技術者試験の通信講座はこちら

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カウンター